手取り12万円OLの毎日

低収入でも楽しく生きる暮らしや、お金についてのあれこれ

【働き方】副業の容認企業は過半数以上?

 

たまに友人や、同世代の気心知れた人に、

「副業」をしているという話をするのですが、

私の周りでは、まだ副業をしている人に会ったことがありません。

 

話を聞いていると、副業は、

「本業のほかにアルバイトなど別の勤め先で勤務する」

というイメージが20代の人にさえあることが分かりました。

 

日本で副業を容認している企業は、

昨年(2021年)過半を超えて55%に上昇したそうです。

(参考:パーソル総合研究所 『副業に関する調査結果(企業編)』)

 

でも、これは「全面容認と条件付き容認の合計」なので、

例えば私の以前勤めていた企業もそうでしたが、

金銭的余裕がないとか、一時的なものに限るとか、

色々条件をクリアして、承認されないとできないところも多いと思います。

 

このような状況を考えると、会社や学校では教えてくれない

「副業」というものに対する考え方は、

まだまだ世間に浸透していないのだと思います。

 

「ゆる副業」とは?

低収入で契約社員の私は、少しでも収入源を増やすために、

昨年からゆる~く副業=「ゆる副業」を始めました。

 

「副業」と一口に言っても、色々な働き方があることを知って、

この「ゆる副業」という働き方にたどり着きました。

 

時間や精神的に、本業ほど頑張らずに、

自宅や好きな場所で好きなときに稼ぐことです。

月数万円の収入でも、スキマ時間に取り組む副業のことを指します。

 

フルタイムで働きながらがっつり副業をするのは、

精神的にも体力的にも現実的ではないと考えています。

そんなときに出会ったのが、この「ゆる副業」という働き方です。

 

といっても最初は上手くいかないので、

本業並みに時間もかかるし、苦労も多いですが、

「時間や場所を選べて、自分だけで取り組むことができる」

という自由な働き方はとても新鮮で、楽しくもあります。

 

私は「フリマアプリ」を利用して「ゆる副業」をしています。

 

この「ゆる副業」という言葉は、

ある本を読んで知ることができました。

↓↓

『ゆる副業のはじめかた メルカリ』 川崎さちえ

この本はシリーズ化されていて、

メルカリのほかにも、「アフィリエイトブログ」や「輸入・ネット販売」

について書かれた本もあります。

 

多様な働き方を選択肢として持っておくこと

正直これだけでは生きていくことはできない収入ですが、

ゆる副業を始めたことで、一つの働き方がすべてではないのだと、

気づくことができました。

 

正社員をしていた頃は、この仕事が一生続いていくのではないかと

とても怖く感じていました。

逃げ出すこともできないし、常に仕事に縛られている感覚でした。

 

でも、このゆる副業を始めて、

「自分で考えて、取り組んだことでお金を稼げる」

という実感が湧いて、とても楽しいと思えました。

 

もちろん本業がメインですが、それだけではないんだと、

自分を少し解放してあげることができたと感じています。

 

「ゆる副業」という選択肢を持つことで、

働き方は多様で、自由なんだということを知れたのは、

大きな学びだったと思います。

 

これからも、自分の「働き方」について、

真剣に考えて向き合っていこうと思います。

 

ということで、今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それでは、また!