手取り12万円OLの毎日

低収入でも楽しく生きる暮らしや、お金についてのあれこれ

家賃を削る前にちょっとだけ考えてほしいこと

 

以前こちらの投稿で、

「貯金のためにまずとりかかるのは【固定費】から」

というお話をしました。

meeeeesan.hatenablog.com

 

ただ、私自身今まで支出を見直してきた中で、

固定費の中でも取り組む優先順位があるように感じましたので、

今回はそのお話をしていきたいと思います。

 

家賃を削るよりも、やるべきことがある

家賃は固定費の中でも一番大きい割合を占めている場合が多いと思います。

まずは家賃を削って狭い部屋の物件に引っ越そう!

と考える前に少し考えてほしいことがあります。

 

今住んでいる部屋や立地が自分の身の丈に合っていない、

という場合は考え直す必要があるかもしれませんが、

家は自分の大切な時間を過ごす場所です。

住環境がよくない立地や住宅に住むのはストレスが溜まります。

安心安全に過ごせる家で生活することを第一に考えましょう。

 

引っ越さずに家賃負担を減らす方法を考える

引っ越さなくても家賃負担を減らす方法があります。

それは、会社の家賃補助を受けることです。

この方法はその会社にも、勤務形態にもよるとは思いますが、

もし家賃補助制度があるのか分からないという場合は、

会社へ確認してみたら、もしかしたら補助を受けられるかもしれません。

 

私の場合、同居人が会社の家賃補助制度を利用しているのですが、

従来設けられていた年齢上限が制度改正で緩和されたそうです。

このおかげで、またしばらく家賃補助を受けられることになりました。

 

このように、会社の制度というのはどんどん変わっていくので、

家賃補助制度の有無や規定を理解している方であっても、

定期的に規定内容を確認するのも良いかと思います。

 

固定費の中で見直すべきなのは?

では、固定費の中で何を優先的に見直せばよいのでしょうか。

それは、スマホ代」と「保険料」です。

 

まずは、スマホ代です。とにかくここから取り掛かりましょう。

格安スマホにすることで、私は月々7,000円くらい削減できました。

手続きは本当に簡単でかなりの額削減できるので、

ぜひ、ここで思い切って取り掛かってみてください。

 

続いては、保険料です。

これまで私の記事の中で、

「どの本を読んでも民間の医療保険は不要と書かれている」

というお話をしたことがあります。

 

独身で、ある程度の貯金が貯められているという方であれば、

まず医療保険は不要だと思っていいそうです。

民間の医療保険に加入する場合でも、

目標は、1人「月々1万円以内」に収められるよう、

保障内容を検討してみるのもよいかもしれません。

 

固定費の中でも家賃を削る前に取り組めることがありそうですよね。

家賃を減らすために引っ越そうと検討されている方は、

この機会にぜひ一度考えてみてください。

 

今回は、以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それでは、また!