手取り12万円OLの毎日

低収入でも楽しく生きる暮らしや、お金についてのあれこれ

レジャー費は年間予算を決めておこう

f:id:meeeeesan:20220416184351j:plain

 

前回、こちらの投稿で「節約をするなら固定費から」というお話をしました。

いわゆる「変動費」から節約すると、ついケチケチしてしまって、

ストレスが溜まるようになってしまうからです。

 

でも、変動費を節約しなくていいというわけではありません。

あくまで、ゼロではなくマイナスにしていけるようにします。

固定費が最優先ですが、その後に変動費のテコ入れも必要だと思います。

 

今回は、その変動費のレジャー費(娯楽費)の

節約方法について、お話していきたいと思います。

 

レジャー費は年間予算を決めておこう

実はこの内容も前回紹介した、こちらの本に記述されていた内容で、

とても興味深いと思い、お話させていただきます。

 

『ささいな違いで、大きく差がつく!お金の損得大全』

横山光昭著 SBクリエイティブ株式会社発行

 
この本には、レジャー費は年間で予算を決めておこうと書かれています。
レジャー費というのは、基本的には外出の費用になりますが、
私自身他にも大きな出費というのは、全て予算として立てておくべきだと思います。
 
この内容は、こちらの記事でもお話していますので、
よろしければ合わせてご覧ください。
 
筆者は、「大きな出費にしないために」
先に予算を決めておく必要があると述べています。
たとえば、レジャー費を年間10万円を予算としたら、
夏休みは5万円、冬休みは3万円、G.W.は2万円など。
それに合わせて行先ややることを決めれば、
予算オーバーをすることはないだろうということです。
 
同時に、「なるべくお金を使わずにレジャーを楽しむ」
ということも推奨されています。
レジャーというのは、もともとリフレッシュすることや、
家族や友達、恋人とのコミュニケーションのためにあると言います。
その目的を考えれば、高いお金を使って遠くに出かけたりするのは、
必ずしも必要というわけではないかもしれませんね。
「お金を使わずにしっかり楽しむこと」
これは、とても共感できる内容でしたので、
この場で紹介させていただきました。
 
今回は、以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。
それでは、また!